Search this site
コピーライターから見た日常
<< 白昼の四谷怪談 | TOP | キャラ会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
路傍の城
「龍馬伝」が終わりに近づいて、寂しさが増してきています。
とはいえ忙しく、2週連続で見ることができていないのですが。

明治維新を題材にするのはおそらく「新撰組!」以来だったので、
また7〜8年後を待たないと、この時代のネタは登場しないのかもしれません。

来年は「お江」を題材に戦国時代。
再来年は「平清盛」を題材に平安時代。

その先は発表されていませんが、ここ数年、大河ドラマが人気を博しているのは、
大河ドラマの大衆化が進んでいるからだと考えます。

月9のように誰でもわかりやすい恋愛感情や、
史実にはない想像の部分を増やし、オリジナリティの高い脚本に仕上げることで、
現代社会にもある行動や内面を描き出したことで、共感を得やすいドラマになっているからでしょう。

先日ふと本屋の店頭で、「のぼうの城」が文庫本で出ていることに気づき、買いました。
「のぼうの城」は北条配下の武将、成田長親の守る忍城で繰り広げられた、
戦国末期の攻防を描いた作品で、歴史小説としてはかなり多い40万部を売り上げました。

来年には犬童一心監督による映画化が決まっているようで、
それに合わせての文庫本登場ということでしょう。

ハードカバーで出版された時に、後輩から、

「歴史小説好きとして『のぼうの城』はどう思われますか?」

と聞かれて、まったく読んでいなかったため、
いずれ読もうと思っていたのですが、ハードカバーのうちはやめておこう、と思い、
ここまで引っ張ってしまいました。

読んだ感想からすると、面白いです。
スピード感がすばらしい。
あっという間に読み終わります。

小説を読んだというよりは、何か優秀な脚本を読んだという感じです。
登場人物のキャラクター設定がハッキリしていて、
その設定の仕方は極めてゲーム的というか、ロールプレイングゲームで
勇者とか騎士とか魔法使いといった分け方によって、
物語の中でそれぞれがどのような役割を果たすのかということを誰にでもわかりやすい形で設定できており、そしてそれが最初から最後まで貫かれていることが、
この小説が売れた理由なのではないでしょうか。

読んだ人は、歴史モノを読んだというよりも、現代小説を読んだ感覚に近いと感じるので、
歴史小説ファン以外にも波及し、40万部という数字になったのでしょう。

浅い知識でも楽しめるという意味では、歴女ブームの構造に近いと思いました。

ある人が、「龍馬伝」は漫画の「お〜い!竜馬」に近くて、
アンチ「龍馬がゆく」のにおいがプンプンするということを言っていました。

かつて龍馬といえば司馬遼太郎の「龍馬がゆく」だったそのイメージを覆したくて、
今回の脚本があり、ドラマがあったのでしょう。

その意気込みを貫いたことで、おそらくこれから龍馬を語るときには、
この「龍馬伝」が語られるようになるのではないでしょうか。

同じように、これから成田長親といえばこの「のぼうの城」となるでしょう。

忍城での攻防は、石田三成の大失策ということが後世に語り継がれ、それが三成が
武士として戦う能力に欠けているという評判につながったとされています。
それが関ヶ原で三成に心から味方する者が少なかった一因になった、と言われている戦いです。

忍城の攻防を描いた文献の多くは江戸時代のものであり、家康万歳という視点で描かれているので、
三成憎しという感情論の文章が多く、史実としては信憑性の低いものが多いはずです。

そうではなく、この物語の主人公はあくまで成田家であるとした最初の設定を考えた
作家和田竜の視点のよさと、三成は三成で戦略はあったんだという説を入れたことが、
この小説のトータルの成功を導いたと思います。

先日秋葉原駅前で見つけたこの「たい焼き」。


ガンプラ焼

このネーミングセンス。
なぜガンダム焼ではなく、ガンプラ焼なのでしょうか。

1/144サイズなのね。
この姿、プラモデルというよりは石像に見えたのですが、いかがでしょう。


路傍で誰かに拝んでもらったほうがいいんじゃないかなあ。
あ、実は裏面はちゃんと後ろ姿になっていました。

確か200円だったような。(高っ!)

おいしさは、けっこうイケました。
もちっとした食感があって普通のたい焼きとは違いました。

それよりも大きく想定外だったのは、自販機で食券を買い求めた後に
窓口に行った時のことです。

店員がメイド服のメガネ女子・・・。
どん引きですわ・・・。
メイドヤローに初めて接触した。
コスプレするならせめて戦闘服でしょうが!

ネーミングも味も含め、まあ視点は新しいけど、トータルとして失敗だろうな、うん。


posted by 原 晋 | 12:28 | 広告 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:28 | - | - | - |
コメント
確かにこの場合の売り子の適正な衣装は連邦軍の軍服でしょうね(笑)
今度、「忍」でメシでも食いましょう!
ではでは。
2010/11/20 00:06 by moyoshi
>moyoshiさん

忍はうまいですよー。
ぜひぜひ。

私はジオン軍の制服で行きますんで。
2010/12/01 18:44 by ハラ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://s-hara.jugem.jp/trackback/253
トラックバック